WiMAX2+での端末の2台持ちについて

従来のWiMAX方式対応のプランでは、1回線の契約で2台の端末を利用するオプションや、家族で複数回線を持つ場合に、2回線目以降の契約では利用料金が割引となるプランがあります。

WiMAX機器追加オプション

1回線を複数の機器で利用するオプションが、WiMAX機器追加オプションです。WiMAX機器1台につき毎月191円の料金で、1回線を複数の機器で共有して利用することが出来ます。

追加登録出来る機器は1回線に2台までで、合計3台の機器で1回線を共有出来ます。

ただし、2台のWiMAX機器の同時使用は出来ません。

WiMAXファミ得パック

これに対して複数の機器を同時使用可能になるのがWiMAXファミ得パックです。こちらでは、2台目(2回線目)の機器を毎月2,363円で利用可能です。

また2つの機器で同時にWiMAX回線を利用可能です。

こちらのプランでは、追加出来るのは1台まで。合計2台の利用が可能になっています。

現在WiMAX2+には同様のプランなし

これに対してWiMAX2+には、残念ながらこのようなプランやオプションは現在のところは準備されていません。複数台のWiMAX2+機器を利用したい場合には、普通にもう一回線の契約を結ぶ必要があります。

2台あれば片方は家に置いておき、もう片方は持ち歩いて使う…なんて使い方もできるので便利だとは思うのですが…なかなか新しいプランを考えるのは難しそうです。

複数のWiMAX2+機器を利用する意味

据え置き型のWiMAX2+対応ルータを利用して自宅の回線を置き換えるような用途としては、複数のWiMAX2+対応機器を利用する意味はあまりないと思われます。

ですが、利用する機器がモバイルWi-Fiルータ型の場合だと、2台目以降の機器が必要になるケースもありそうです。

一人暮らしではなく、自宅のインターネット接続回線をWiMAX2+でまかなっているような方が、モバイルWi-Fiルータ型の端末を出先でも利用したい場合には、

その端末を持ち出してしまうと自宅でのインターネット接続手段がなくなってしまいます。

無線通信を利用するインターネット接続サービスでありながら、各種制限の緩さから固定回線も代替可能なのがWiMAX系のサービスのメリットの一つだと思いますので、WiMAX2+でもWiMAXのWiMAX機器追加オプションや、WiMAXファミ得パックに類似するサービスが開始されるのが期待されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です