WiMAX2+を家族みんなで利用することは可能?

「WiMAX2+を家族みんなで利用する」という言葉からは、とりあえず2つの利用形態が考えられると思います。

1つは、家族それぞれがWiMAX2+の端末を持つ形で、家族合わせると複数台のWiMAX2+端末を持つやり方。
もう一つは、通常の据え置き型ルータのように、家にWiMAX2+の端末を1台設置して、
それをみんなで共有して利用する方法です。

1台のWiMAX2+ルータをみんなで利用は可能

WiMAX2+対応の端末はUSBスティック型端末を除き、すべてルータ機能のある端末です。

また、ルータ機能のある端末はすべてWi-Fi機能(無線LAN機能)を搭載しています。

ですので、無線LANの電波の届く範囲内であれば、ルータと無線LAN(または有線LAN)で接続することで、
複数の人が同時にインターネットを利用可能です。

例えば家族がよくあつまるリビングルームなどにWimaxを置いておき、家族全員がそのWimaxの電波を使ってインターネットを使う…という方法であれば家族全員で共有は可能です。

インターネット速度は人数が多くなれば多くなるほど低下する傾向がありますが、3〜4人程度では問題有りません。

また、家族全員のスマホ、パソコン、テレビなどで合計10台くらいの機器を同時に繋いでも追加料金が発生したり、回線速度が極端に遅くなると言う事はありません。

家族全員でインターネットのもととしてWimaxを使うというのは問題ないのですが、もし家の外でインターネットを使いたいと言う場合、問題が起きてきます。

Wimaxなのに持ち運べない問題

家の唯一のインターネット回線としてWimaxをリビングルームに置いて使用する場合、Wimaxなのに持ち運べない問題が発生します。

つまり、誰かが家の外でインターネットを使いたいとWimaxを外に持って行くと、それ以外の家族全員が家でインターネットが使えなくなってしまうわけですね。

Wimaxは基本的には持ち運んで外でもインターネットが使えるようにするためにあるものですので、持ち運べなくなるというのはちょっと打撃です。

家族全員で出かけるときに持っていくのはいいのですが、例えば子供が大学に持っていったりすると、早く家に還ってきた家族はその子供が帰宅するまでインターネットが使えません。

この問題を解決するにはWimaxを2台持ちするしかないのですが…

家族で複数台のWiMAX2+端末

携帯電話の旧料金プランでは、家族割引と言った割引サービスがあり、家族で複数台の端末を持つ際の負担額を減らす仕組みがありました。

また新料金プランでは、家族間で通信データ量をシェアするパケットプランを携帯各社は準備しています。

従来のWiMAX方式対応のプランでも、2回線目の契約を割安な価格で利用可能なプランが用意されていました。

ですが、残念ながらWiMAX2+対応のプランでは、上記のような家族で複数回線を安く利用出来るようなプラン、
割引き施策は準備されていません。

このため、家族の中で複数の方が独自にWiMAX2+の端末・回線を利用したいような場合には、その人数分の毎月の利用料金を支払う形でしか、複数の回線を持つ方法はありません。

WiMAX系のサービスの特徴である、電波の届くところではどこでもインターネット接続が利用可能ということを考えると、自宅だけではなく出先でもインターネット接続を利用したい場合も出てくるでしょう。

その場合、ルータを持って出かけてしまうと、自宅ではインターネット接続回線がなくなってしまう場合もあると思います。

こういったことを考えると、WiMAX2+でも従来のWiMAXにはあったような、2回線目を割安な料金で利用可能な割引サービスが導入されることを期待したいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です