WiMAXは海外でも利用できるか

UQ WiMAXではWiMAXのローミングサービスを「WORLD WiMAX」の名前で展開しています。

ただ、利用可能な国や機器などの制限は比較的きつめの形です。

利用可能な国

現在WiMAXの国際ローミングが利用可能なのは、アメリカと韓国のみとなっています。

またどちらの国でもWiMAXでインターネット接続が利用可能な地域はかなりかぎられますので、
両国でWiMAXを利用することを考えてらっしゃる方は、渡航前にサービスエリアの確認をしっかり行っておきましょう。

サービス提供会社

アメリカでは「CLEAR」、韓国では「KT」がサービスの提供を行っています。

利用可能な機材

WiMAXの海外ローミングでは据え置き型、モバイル型とも、ルータはすべて利用出来ません。
この部分は注意が必要です。

海外でWiMAXを利用出来る端末は、ノートパソコンなどに内蔵されているWiMAX通信用モジュールのみとなります。
また、通信モジュールの種類によって対応出来る国が異なります。
この部分に関しても事前のチェックは必須です。

利用可能な通信モジュールは以下の通りです。

1. インテル WiMAX/WiFiLink5150
2. インテル Centrino Advanced-N+WiMAX6250
3. インテル Centrino Advanced-N+WiMAX6150

最新のWiMAX接続ユーティリティを使用した場合、アメリカ国内では1~3のすべて、
韓国国内では2、3の通信モジュール内蔵パソコンでWiMAXを利用したインターネット接続が行えます。

お手元のパソコンの構成を事前にデバイスマネージャなどで確認、またWiMAX接続用ユーティリティのバージョンアップも行っておく必要があります。

利用料金

アメリカ国内のCLEARが提供するサービスでは、利用料金は以下のようになります。
利用登録料:無料
通信費:$4.99/2時間、$9.99/24時間、$24.99/7日間

韓国国内のKTによるサービスでは、利用料金は以下の通りです。
利用登録料:無料
通信費:3,000ウォン/24時間

UQ WiMAXの情報

UQ WiMAXのWORLD WiMAXの情報のページは以下になります。

http://www.uqwimax.jp/service/support/voyage.html

利用までの手順なども記載されていますので、確認されると良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です