WiMAX2+対応端末を使ってプリンタを接続するには

最近の家庭用プリンタの中には、パソコンとUSBケーブルで直結する使い方だけではなく、
ネットワーク経由で利用出来る機能がある機種が増えてきました。
またここ数年のトレンドとしては、無線LANの子機の機能を持つプリンタが増えてきています。

こういったネットワーク機能の付いたプリンタを、WiMAX2+対応ルータ経由で接続する方法をまとめてみます。

無線LAN経由の接続

WiMAX2+対応のルータは、据え置き型もモバイルWi-Fiルータもすべて無線LANの親機となる機能を持っています。(無線LANアクセスポイント機能)
このため無線LAN機能内蔵のプリンタも、ルータに無線LAN経由で接続して家庭内のLANに参加出来ます。

こうして無線LANでルータに接続してしまえば、あとは通常のプリンタのセットアップ手順を行うことで、
WiMAX2+のルータを経由する形でパソコンからプリンタを利用出来るようになります。

WiMAX2+のルータにプリンタを接続しても、プリンタがインターネット側へのアクセスを行うわけではありませんが、
ルータに準備されているLANを組み上げる機能を利用して、パソコンとの接続を仲介することが出来ます。

有線LANで接続する場合

こちらを行うためには、モバイルWi-Fiルータにはクレイドルが必要になります。

また、クレイドルには有線LANのコネクタが1つしかありませんので、すべての機器を有線LANで接続するためには、
「スイッチングハブ」という機器を追加してクレイドルの有線LANコネクタに接続する必要があります。

プリンタやパソコンなど複数の有線LANコネクタを利用する機器は、直接クレイドルに接続するのではなく、
スイッチングハブの方に接続する形になります。

こちらも接続さえ行えてしまえば、あとはプリンタのセットアップ手順に従って設定を行うだけで、
パソコンなどからプリンタの利用が可能になります。

番外編・ネットプリント

インターネット経由で写真などの印刷を発注出来るネットプリントのサービスも利用可能です。

この場合に使われるのは自宅のプリンターではなくなりますが、
サービスによってはワープロ文書やエクセルのシートなどを印刷してもらって受け取ることも出来るようになっています。

こういったサービスの利用も、もちろんWiMAX2+の回線経由で利用出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です