WiMAX2+は一人暮らしのネット接続方法に適しているか

一人暮らしの方がインターネット接続を利用される場合にどのような回線を利用するのが良いかは、
それぞれの方のインターネットの利用の仕方、住んでいるお宅の状況などにより様々変わってきます。

賃貸の住宅にお住まいなのか持ち家なのか、どのような目的でどれぐらいネットを利用するのか、
など影響してくる要素はたくさんあります。

まずは代表的と思われるケースとして、賃貸のワンルームにお住まいのケースを考えてみましょう。

インターネット接続サービス完備の物件

最近はこういった物件も増えてきていると思います。
元々の設備として、ネットに接続可能な環境も付いてくる物件です。
場合によっては管理費などに既にネット利用料等も盛り込まれているかもしれません。

こういった物件を利用するのであれば、外出先でハードにインターネットを利用しなければいけないケース以外は、
WiMAX2+を利用する必要はないかもしれません。

ただ、出先でも時間つぶしや情報収集などの目的でどんどんネット動画を見たりするような方は、
スマートフォンの通信経路をWiMAX2+にすることで、パケット代を節約することが可能なケースがあるかもしれません。

接続用回線がない賃貸物件の場合

インターネット接続用のサービスが元々ついていない賃貸物件の場合、
有線の回線を引くためには、当然大家さんなどの許可を得る必要があります。
また、集合住宅の作りによっては、各部屋まで光ファイバを引っ張れないような建物もあります。

電話線を利用するADSLのサービスであれば利用出来るケースは多いはずですが、
ADSLのサービス自体がだんだんと縮小傾向で、サービスを止めてしまっているプロバイダなどもあります。
また、人によっては固定電話は持たず、電話はすべて携帯電話で、という方もいるでしょうね。

ですので、元々インターネット接続用回線が引かれていないような集合住宅では、
WiMAX2+はネット接続用回線として有力な候補になってくると思います。

WiMAX2+では電波さえきちんと届く場所であれば、一切工事無しに利用を開始することが出来ます。
この手軽さはとても大きなメリットになると思います。

これは余談になりますが、光回線の利用料を集合住宅だからと、
単純にマンションプランの料金で計算しているサイトをたまに見かけますが、実際にはそう簡単な話ではない場合があります。

既に光回線のマンションタイプを導入済みのマンションであれば良いのですが、
導入が済んでいない集合住宅にそのための設備を導入するのは結構大変な手間になります。

光回線のマンションタイプは、集合住宅に住んでいるからすぐに申し込めるというわけではないのです。
マンションタイプを利用するためには専用の装置を設置する工事が必須になります。

引っ越しの機会が多い方にも

WiMAX2+では利用開始の際に工事が必要ありません。
ケーブル不要ですから、ある部屋を引き払うときにももちろん工事不要です。
ですので、引っ越しの機会が多くなる方にはメリットの大きなネット接続回線でもあります。

引っ越し先がWiMAX2+のエリア内であれば、引っ越したその日からすぐにインターネットを利用することも可能だからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です