Wimax2+の初期費用はいくらくらいかかるか

インターネット接続サービスにWiMAX2+を選ぶ理由としてとても大きなメリットとなる項目の一つが、
初期費用の安さ、手軽さだと言うことが出来ると思います。

WiMAX2+は無線技術

WiMAX2+は無線通信の技術を利用するインターネット接続サービスですので、
光通信などの有線の接続サービスとは異なり、配線の工事が必要ありません。

フレッツ光などのサービスではキャンペーンが利用出来ない場合には、
光ファイバの配線工事に2万円以上の費用がかかりますが、
WiMAX2+ではこういった費用は一切不要です。

引っ越しを行う際にも、引き払う家の方でも引っ越し先でも工事は一切不要という手軽さです。
引っ越し先がWiMAX2+のエリア内にあれば、引っ越してすぐにインターネットの利用を開始出来ます。

少々脱線しますが手軽さという点では、インターネット接続を行う際の設定が基本すべて行われた状態の端末が送られてくる、
というのも初めてインターネット接続サービスを利用される方にはメリットと言えるかもしれません。

端末にプロバイダへの接続情報を設定する、といった操作を行うことなく、すぐにインターネットが利用出来るようになります。

WiMAX2+を新規契約する場合の初期費用

WiMAX2+を利用開始する場合に必要となる初期費用は主に以下の二つです。

– 事務手数料
– 端末代金

事務手数料は基本的にはすべてのプロバイダで共通になっていて、3,000円+消費税となります。

この他に端末として、モバイルWi-Fiルータ、据え置き型ルータ、またはUSBのスティック型端末それぞれの購入代金がかかります。
端末の販売金額は、WiMAX2+のサービスを提供しているプロバイダごと、キャンペーンなどの対応ごとに異なります。
通常販売価格が2万円程度のモバイルWi-Fiルータが、0円で販売となっているプロバイダ・キャンペーンもあります。

ただ、端末代金やキャッシュバックのキャンペーンなどは、比較的短い期間で次々と変わっていきますので、
実際に契約する段になってから、各プロバイダで販売価格等をしっかりチェックされる方が良いと思います。

一部例外も

一部のプロバイダでは、事務手数料の他に初期費用としてある程度まとまったお金が必要になりますが、
その分毎月の利用料金が安くなるプランを準備しているプロバイダもあります。

長期間続けて利用する場合には、トータルのコストが安上がりになるプランですので、
場合によってはそういったプランを検討してみるのも良いかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です