Wimaxのセキュリティは大丈夫?ウィルスに感染とかしない?

Wimaxと契約しようと思っているけど、ちょっと不安なのがそのセキュリティとウイルス対策。

今回はWimaxの安全性について解説していきます。

Wimaxのセキュリティ

誰かが勝手に接続する可能性

Wimaxと契約するとWifiを飛ばすルーターを持ち歩くことになりますが、このルーターは電源がONの状態では常にWifi電波を飛ばすこととなります。

つまりWimaxを持ち歩く限り誰でもあなたのWifi電波を見ることが出来るという事ですね。誰でも見られると言うことは誰でも接続する試みが出来ると言うことにもなります。

ということは…誰か知らない人が勝手に自分のWimaxを使ったりすることがあるのでは…?!

ありえません。相手がハリウッド映画並のウルトラ級ハッカーでない限りは勝手に回線が使われたりすることはあり得ません。

なぜならWimaxはルーターを配られた時点で既に「A82Jw34aef2Wju8Of」みたいな感じの超強固なパスワードが設定されており、普通の人間にはまず間違いなく解読できず、侵入されることはまずありません。

内容が読み取られる可能性

Wimaxはデータを送受信する際、AES(Advanced Encryption Standard)という規格を使って通信しています。これは現在存在するWifiの暗号化規格のなかでもっともセキュリティが強いと

言われている物でそう簡単に中身を読み取られたりはしません。

今のところ最も使われているのは最もハッキングしやすいと言われているWEPという暗号化規格ですが、データが傍受されることを危惧しているのであればむしろWimaxに変えてしまった方が安全かもしれません。会社や家でルーターを何年も取り替えていないという場合はルーターがWEPにしか対応していないことが多いためです。

Wimaxなら契約時に最新のルーターが付いてくるので、低コストでルーターの取り替えとセキュリティの向上を行うことが出来ます。

ウイルス対策

インターネット関連で最も気になるのはウィルス対策ですよね。Wimaxではウィルス対策の方はどうなっているのでしょうか。

じつはWimaxを使っていれば別にウィルスに気をつける必要はありません。Wimaxは暗号化がしっかりしていて、かつ強固なパスワードが設定されているルーターを使って通信するため侵入されてウィルスを仕込まれると言うことはまずあり得ません。

他に感染経路として考えられるのはインターネット経由ですが、インターネット経由でウィルスに感染する人はたいていの人がいかがわしいサイトや怪しいサイトを見ている人なので、まともにインターネットを使うのであればウィルスに脅かされると言うことはありません。

ただ…それでもたま~にウィルスに感染してしまうことはあるので、ウィルスが心配ならカスペルスキーのようなちゃんとしたウィルス対策ソフトを入れておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です