Wimaxの違約金とは?

Wimaxと契約しようと思っていたけど、どうやら1年や2年契約で契約しなければいけない上に、途中で解約すると違約金が掛かるらしい…という噂を聞きつけたあなたへ

こんかいの記事ではWimaxの違約金について解説いたします。

Wimaxの違約金とは

Wimaxの違約金とは、Wimaxとの契約を解除する際に掛かるお金のことを指します。Wimaxとの契約を一定期間経たずに打ち切ろうとした場合は、この違約金を払わなければ解約することが出来ないのです。

一定期間というのは契約したタイプによって変わります。1年タイプで契約したのであれば13ヶ月目の更新月に、2年タイプであれば25ヶ月目の更新月に解約をするのであれば違約金は掛かりません。

逆に言うと1年タイプで契約したのに1ヶ月目~12ヶ月目で解約した場合、もしくは2年タイプで契約したのに1ヶ月目~12ヶ月目、14ヶ月目~24ヶ月目に解約を使用とした場合は違約金を払わなければいけなくなってしまいます。

自分が契約をした月はしっかりとカレンダーに書き込んでおき、いつでも違約金無しでやめられるようにしておきましょう。違約金を払うなんてバカバカしいですからね。

違約金の相場

ところで、もし払わなくてはいけない場合どれくらいの違約金を払わなくてはいけないのでしょうか。払う違約金は選んだプロバイダーとプランによって大きく変わってきます。

UQWimaxの場合:
・1年以内に解約する場合9500円
・2年目以降に解約する場合5000円

so-netの場合:
・1年目に解約する場合9500円
・2年目以降に解約する場合5000円

@niftyの場合:
・1年以内に解約する場合19000円
・2年目以降に解約する場合14000円
・3年目以降に解約する場合9500円

ブロードWimaxの場合:
・1年目に解約する場合19000円
・2年目以降に解約する場合14000円
・3年目以降に解約する場合9500円

おおむねプロバイダーによって2段階で違約金が決められている感じですね。

違約金が高い会社というのはその分月額料金を安くしていたり、入会時のおまけが大きかったり(ipad無料等)するので、違約金が高いからと言ってアコギなヤバイ会社というわけではありません。

違約金が掛かる理由

しかし契約して使うのにお金が掛かるのはいいとして、解約するのにお金が掛かるのはこれいかに…?違約金の存在自体がなんかイヤ~な感じで怪しいですよね。

しかしこれにはちゃんとした訳があるのです。

Wimaxと契約する際、ルーターを購入する必要がありますが…このルーターはWimaxと契約する際、値引いて提供されます。どこかで「いまWimaxのご契約で高速Wifiルーターが1円!」だとか「Wimaxと契約するとあのiPad2が1000円!」みたいな契約文句を見たことがあるでしょう。

もしWimaxと契約して、ipadだけ貰って即解約をするとipadだけが手元に残ります。どう考えてもWimaxプロバイダーに割に合いませんよね。9000円でルーターとタブレットを持って行かれた日には赤字でサービス続行なんて出来ませんよ!

即解約でipadをせしめようとするようなセコい人を弾くためにも、もしくは新規のお客に何かいい物を配るためにも違約金は必要なのです。

ちなみに…上記のような事をしていると業界の裏ブラックリストに載せられ、新規契約がどこに行っても出来なくなると携帯会社の人から聞いたことがあります。やめましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です