新幹線など高速移動中のWiMAX利用はできるか

町と町の間などを高速で移動している最中にWiMAXを利用する場合には、2つ問題になりそうな点があります。

この点について少し詳しく掘り下げてみます。

ハンドオーバー性能

WiMAXの弱点の一つと言われるのが「ハンドオーバー性能」です。

移動しながら携帯通信を利用している場合に、ある地上局の守備範囲を超えて隣の地上局の守備範囲に移動した時には、
通信の相手となる地上局が自動的に切り替わります。

この通信を行う相手の地上局を引き継ぐ処理のことをハンドオーバーと呼びます。

現在の携帯電話などではこの引き継ぎ処理が大変高速で確実なものとなっているため、
特急列車の中から携帯電話の通話を行っていても、ハンドオーバーの遅延が原因となって通話が途切れるといった事象は、
ほとんど発生しないようになっています。

これに対してWiMAXではハンドオーバーの処理が携帯ネットワークほどには性能がよくないといわれています。

地上局側のカバーするエリアの関係もあるのかもしれませんが、
通勤電車での移動程度の速度であってもハンドオーバーが原因で通信が途切れる状況がそれなりの確率で発生するようです。

接続が完全に切れることは少ないようですが、通信のデータの流れが遅くなるといったことが発生してしまうようです。

通勤電車の速度でもこう言った状況がありますから、新幹線が全速走行する区間でのWiMAXによる通信は少々厳しいかもしれません。

サービスエリアの問題

WiMAXのサービスエリアは人口の多い地域を優先する形でカバーが行われています。
このため、幹線路線であっても、人口の多い地域から外れている高速道路や鉄道路線は、WiMAXのサービスエリア外になります。

都市近郊の鉄道路線であれば、路線沿線はずっとサービスエリア内であることが期待できますが、
長距離路線となる新幹線などでは、都市間の区域に関してはWiMAXのサービスエリア外であることの方が多くなります。

新幹線の走行速度の高速さとも併せて、走行中の新幹線からのWiMAXの利用には少々厳しいものがあると言えそうです。

ただし、UQ WiMAXの場合オプションサービスとしてUQ Wi-Fiというものがあります。このUQ Wi-Fiに加入しておくと、東海道新幹線の車内に飛んでいるUQ Wi-Fi電波に接続することが出来るようになるのです。

もし頻繁に新幹線を利用する機会があるのならばついでにこのオプションサービスに入るのもいいかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です