WiMAX2+のエリアに関して

WiMAX2+では人口の多い地域から重点的にエリアの拡充を行ってきました。
このため多くの町の繁華街、市街地はほぼカバーが行き届くようになりました。

また、従来のWiMAX方式と平行してWiMAX2+方式への地上局の対応作業もかなり進展しており、
現在ではWiMAXとWiMAX2+のカバーエリアはほぼ同等と言える水準まで来ています。

ただ、町と町の間や山間部などは、まだ対応が追いついていない部分も残されています。
高速道路や鉄道の幹線沿いでも、人口の多いエリアから離れるとエリアから外れるケースがあります。

WiMAX2+の地下施設のカバー状況

地下鉄や地下街などではWiMAX2+の敷設作業が重点的に行われていますが、
まだカバーが完了していない路線が存在しています。

また従来のWiMAX方式の敷設は出来ているものの、WiMAX2+への更新が完了していない路線も残されています。

地下鉄路線などでは以下の路線がWiMAX2+の敷設作業が完了しています。

– 仙台地下鉄
– つくばエクスプレス
– 埼玉高速鉄道
– 北総鉄道
– 東葉高速鉄道
– 新京成電鉄
– 京王鉄道
– 京浜急行電鉄
– 横浜地下鉄
– 横浜高速鉄道
– 名古屋鉄道
– 泉北高速鉄道
– 山陽電気鉄道
– 福岡地下鉄

対応状況はUQ WiMAXのサイトの以下のページで確認できます。

http://www.uqwimax.jp/service/area/subway/

WiMAX2+のエリアの確認方法

鉄道や有名施設以外の一般的なエリアに関しては、やはりUQ WiMAXが確認のためのページを提供しています。
以下のページから確認が可能です。

http://www.uqwimax.jp/service/area/

地図から利用場所がエリア内にあるかどうかの確認が出来ますし、
住所からピンポイントで確認を行うことも出来るようになっています。

より確実に判定するためにはTry WiMAXの利用を

WiMAX2+は無線通信を利用するインターネット接続サービスです。
このため利用地点での電波状況が接続の安定性や実効速度に大きく影響してきます。

この点を考えると、実際に契約を結ぶ前に接続のための機器を無料でレンタルできて、
利用地点での接続状況も確認できるTry WiMAXのサービスを利用するのが一番確実な方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です