WiMAX2+のキャンペーンの種類

WiMAX2+の販促キャンペーンの主な種類には大きく分けて3つのパターンがあります。

– キャッシュバック
– タブレット端末プレゼント
– 端末代金が無料

以上の3つです。

これらのキャンペーンの内容についてもう少し詳しく見ていきます。
また、一部にはこれらとはまた別のユニークなキャンペーンを展開するプロバイダもあります。
そちらにも触れてみます。

キャッシュバック

WiMAX2+のサービスを提供するプロバイダを選ぶ際に比較的大きな決め手となっているかもしれないのが、
こちらのキャッシュバックのキャンペーンではないでしょうか。

WiMAX2+の大本の会社であるUQ WiMAXが今、従来のWiMAXからWiMAX2+への移行を大々的にプロモートしているところですので、
キャッシュバックのキャンペーンもずっと継続して行われ続けているようです。

キャッシュバックのキャンペーンを展開してその額も大きいところとして有名になっているのが、
老舗のプロバイダである@niftyとGMOとくとくBBです。

キャンペーンの内容は数ヶ月ごとの比較的短い期間で入れ替わっていきますが、
2015年5月現在では、@niftyが20,000円、GMOとくとくBBが最大26,390円のキャッシュバックをうたっています。

ただし、こちらのキャンペーンを利用してキャッシュバックを受け取るには、少々面倒な手続きが必要になります。
また、2年契約が前提となっていて、それより短い期間で解約した場合には、
通常のWiMAX2+の解約金に加えてキャンペーン違約金が発生しますので、その部分には注意が必要です。

タブレット端末プレゼント

タブレット端末をキャンペーン特典としてプレゼントしているプロバイダの代表格は、
こちらも老舗プロバイダの一つ、BIGLOBEです。
BIGLOBEではAmazonのタブレット端末、fire HD7かfire HD6をもらえます。

ただし、こちらのキャンペーンでも2年契約が前提となっていて、
2年以内の解約では、通常のWiMAX2+の解約料の他に、キャンペーン違約金が発生します。
こちらも利用には注意が必要です。

端末代金が無料

比較的多いパターンがこちらの端末(モバイルWi-Fiルータや、据え置き型ルータ)代金が無料、
またはかなり低価格で購入可能というキャンペーンです。

モバイルWi-Fiルータは通常価格が18,000円程度の製品が多くなっていますので、
キャッシュバックやタブレット端末のプレゼントに比べると見劣りはしますが、
こちらのキャンペーンでもそれなりにお得にはなっています。

また、こちらのパターンのキャンペーンでは2年以内に解約を行っても、
WiMAX2+の解約料以外の違約金等は発生しないことが多くなっています。

その他

ちょっと面白いキャンペーンを展開しているのは、こちらも大手のプロバイダのSo-netです。

So-netの通常のプロバイダのサービスの中に、最新タブレット端末のレンタルサービスがありますが、
このレンタル料金の一部をサポートする形のキャンペーンが行われています。

So-netのこのキャンペーンを利用すると、例えばiPad mini 2のレンタル料金が、24ヶ月間は1,070円割引になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です