Wimaxのクレードルとは?

WimaxやWimax2と契約する際にはルーターが必要となりますが、ルーターにもクレードルあり、なしという物が選べることがあります。

このクレードルとは一体全体何なのでしょうか。クレードルのメリットについて解説していきましょう。

クレードルとは

クレードルというのは簡単にいえばルーター用のスタンドです。

Screenshot_424

このクレードルには充電台、ルーター(インターネットの仲介)などの機能が備わっており、あればあったでちょっと便利なWimaxライフを送れることが出来るようになります。

プロバイダーによっては契約の際に無料でプレゼントされることもありますが…果たしてプレゼントとしてクレードルを選んでいいのかどうか、クレードルのメリットについて並べてみましょう。

クレードルのメリット

充電スタンドになる

クレードルは充電スタンドとして使うことが出来ます。充電スタンドとしてはルーターを入れるだけで充電が開始されるため非常に楽ちんです。ルーターの充電用差し込み口をわざわざさがして指すという手間が省けます。

充電が簡単なのであればいざ出かけようというときに充電が切れている…という思いをせずにすみますね。また、場所がある程度固定されるので外出の際に場所が分からなくなるという事も無くなります。

クレードルのタイプによっては電波を受信しやすい形にルーターを立たせてくれます。これもいいメリットですね。

家庭のネットの無線化

クレードルと自宅に来ているたとえば光インターネットなどを接続すれば、そのインターネットを無線化することが出来ます。

もし家のインターネットが無線化されていない場合はクレードル付きのルーターを選ぶことにより無線インターネットを自宅でも楽しめるようになるというわけです。

また、ビジネスホテルなどでは有線のインターネットしか無い所がまだ数多くありますが、それとクレードル付きのルーターを接続すればビジネスホテルのインターネットも無線化する事が可能です。

Wimaxの有線化

クレードルのメリットはいくつかありますが、人によっては最も便利なのがWifiが付いていないパソコンでもWimaxに接続できるようになるという所です。クレードルには基本的にLANポートが付いているのですが、このLANポートとWifiが付いていないパソコンをLANケーブルで接続するとWifiが付いていないパソコンでもWimaxに接続できるようになるのです。

古いパソコンしか持っておらず、これじゃあWimaxと契約してもスマホとタブレットくらいしか使い道が無いよ…と思っていた人には朗報かもしれませんね。

有線で繋げるほかのメリットと言えば、たとえば自分がノートパソコンを使っていて、自室がWimaxの電波が殆ど来ていない場所にあるとします。そんな時はWimaxとクレードルを電波が最もよく届く所に置き、長いLANケーブルを自室まで伸ばしてインターネットに接続すれば電波の届かない自室にいても快速インターネットを体験することが出来ます。

クレードルひとまとめ

・充電スタンドになるので充電が楽&無くさない

・家のインターネットを無線化出来る

・電波のいいところにWimaxを置いて自室まで線を延ばして使える

クレードルつきを買うべき人は上のまとめをみて一つでもピンとくる人ですね。特に2番目の無線化、3番目の線をのばしてつかうという方法は非常に便利ですので、これにピーンと来たのであれば絶対にクレードル付きにするべきです。

逆にこれを見ても別になんとも思わなかった人はクレードル付きにしなくても問題ないでしょう。充電器はともかく、2番目、3番目は使い道が思いつかない人、もしくはすでに家で同じようなことが再現出来る人にとっては無用の長物なので…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です