WiMAX2+の感想

UQWiMAXでは利用者の満足度を独自に調査してホームページなどで発表しています。
この発表によると、WiMAX2+の利用者の88%が満足している、と回答してるようです。

もちろん自社調べ、という形態ですので、ある程度割り引いて考える必要のある数字ではありますが、
それでも満足と回答した人が88%いるというのは、かなり大きな結果だと思います。

ただ、WiMAX2+では、この数字がこれ以上100%に近づいていくことも難しい、とも言えます。

そのあたり、WiMAX2+に関する評判をもう少し掘り下げてみていきましょう。

口コミサイトなどでの評判

まず最初に一つ口コミサイトなどの情報では注意しないといけないことがあります。

どんなサービスの評判にもおおむね共通しますが、「普通に使える」「調子よく使えている」という人の多くは、
特に口コミサイトなどには投稿をしない、と言うことです。
このため口コミ情報で多くを占めるようになるのは、どうして悪い評判の方になりがちです。

口コミ情報サイトから情報を集める際には、その部分はきちんと頭に置いておく必要があります。

WiMAX2+の評判を見てみると、普通に電波が届いていれば、下り方向の通信速度は10Mbps程度は確保出来ているようです。
また、受信状況の良い場所であれば、50Mbpsを超えるような通信速度の報告もあります。

常に光通信並の速度が出るとまでは言えませんが、それでも多くのケースではADSLの速度は超える通信は行えると考えて良さそうです。

ただやはり、電波状況が悪い場所では、通信速度が出ない、通信自体が安定しない、
といった報告が上げられているのも事実で、その部分にはやはり無線通信ゆえのどうしても仕方のないところは出て来てしまうようです。

また、接続の安定性でも問題を指摘する声もあり、こちらは回線の利用を考えてらっしゃる方の利用目的との相談となりそうです。
一般的なメールやWebサイトの閲覧などの利用目的であれば特に問題になるようなケースはないと思います。
ですが、ネットワークゲームで接続が切れたり、ネット動画の視聴で動画が時々停止、などという現象の発生は考えられます。

契約の前に電波状況の確認を

口コミ情報の中には、WiMAX2+を利用したい場所での実際の電波の受信状況を確認せずに契約を行ってしまって、
結果として受信状況が悪かったために悪い口コミ情報となってしまっている例もある程度の数見られました。

WiMAX2+で利用する電波の特性上、サービスエリアを示した地図上ではエリア内に含まれる場所であっても、
周りの建物や利用者のいる建物自身の状況などによっては、受信状況が芳しくない地点も発生してしまうことがあります。

WiMAX2+では2年契約が基本で、短期の解約ではまとまった額の解約金が必要となるシステムです。
ですので、せっかくUQ WiMAXがTry WiMAXのサービスを提供してくれているのですから、
契約の前にしっかりと利用したい場所での電波状況は確認しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です